リハビリを行なう作業療法士向けのさまざまなセミナー

subpage01

作業療法士とは、身体や精神の障害により日常生活に支障のある方のために、自分らしく快適に生活が営めるよう個々に合ったリハビリのお手伝いをするのが仕事です。


身体・精神・小児の発達の障害や高齢に伴う障害などさまざまな分野のリハビリテーションの現場で活躍しています。
作業療法士として活躍するには、国が指定した専門学校で必要なカリキュラムを修了し国家試験に合格することが必要です。



国家資格を取得することで全国の病院などの医療機関をはじめ、介護施設や養護施設など、高度なリハビリテーションを必要とするさまざまな現場で活躍が期待できます。

作業療法士の実際の作業療法は、手工芸や遊び、スポーツのほかにも食事や会話など作業を通し日常の生活能力の向上をサポートするリハビリを行ない、単に訓練を繰り返すだけではありません。



そのため、療法士はサポートのために常に知識や技術の向上も必要となるため、さまざまなセミナーが開催されています。セミナーの中には、車椅子製造メーカーの技師による車椅子の管理やリスク、接遇マナーや手先を使ったレクレーションなどのセミナーがあります。
作業療法士は、リハビリテーション現場や自分が担当している障害をお持ち方に応じたセミナーを選んで参加し、より高い知識や技術の習得に努めること大切です。



また、作業療法士は利用者の方とのコミュニケーション能力も必要となりますので、苦手な方は接遇マナーなどのセミナーを受けるのが最適です。