PTさんは要チェック!理学療法士の講習会

main-img

理学療法士のみなさん、講習会に参加してスキルアップしませんか?PTは、リハビリによって困難だった動作を獲得させ患者さんに「出来ない→出来る」という希望を与える仕事です。



病院・事業所・リハビリ施設など理学療法士として働く場所は様々ですが、その勤務先によって対象とする患者さんのタイプ(老人、小児など)が固定されていきます。
年齢や性別に差があり場合によっては疾患までが決まっている場合もあります。

講習会に参加して自分の専門を含め専門以外の領域への知識を増やしましょう。

自分の専門とする分野の勉強や情報収集はもちろん大切ですが、特に専門外の部門の理解を深めることは理学療法士としての技能を高めるのに最適です。



普段接携わらないセクションに接することでいつもと違う考え方が可能になり、患者さんの症状に合わせて多様なアプローチをすることができます。

個々に合わせたPTができるようになると患者さんともより接しやすくなり"ありがとうございました。



"や"あの先生にリハビリをしてもらうと身体の調子がいい。
"などと感謝の気持ち/感想を伝えられた時、今までより多くのやりがいと喜び、達成感を感じられる瞬間となるでしょう。ぜひ講習会に参加して、自分とこれから自分に関わる人たちの為により良いPTを提供できるように知識・情報を増やし邁進してほかの理学療法士や医療従事者、患者さんたちから今以上に尊敬され信頼される人材を目指しましょう。


耳より情報

subpage01

作業療法士とは、身体や精神の障害により日常生活に支障のある方のために、自分らしく快適に生活が営めるよう個々に合ったリハビリのお手伝いをするのが仕事です。身体・精神・小児の発達の障害や高齢に伴う障害などさまざまな分野のリハビリテーションの現場で活躍しています。...

more

資格をよく学ぶ

subpage02

言語聴覚士は、比較的新しい国家資格の専門職です。日本の言語聴覚士の数は、世界的にみれば、まだまだ少ない方です。...

more

資格の事柄

subpage03

言語聴覚士とは、言葉や聴こえをはじめ、認知や嚥下、そして言語障害などの問題を抱えている人に対して、専門的な立場から支援を施す専門職のことです。日本では、1999年に国家資格として誕生しましたが、アメリカでは既に戦後間もなく誕生しています。...

more

知っておきたい情報

subpage04

現在、高齢者の間でヘルスツーリズムが話題となっており、理学療法士などの医療従事者の中にも、旅行に焦点を当てた活動を実施知るケースが増えています。ヘルスツーリズムとは、障害やハンデを負った人でも、旅行や外出を楽しめることができるプログラムで、旅行とリハビリテーションが融合したものだと言えます。...

more