行こう言語聴覚士のセミナー

subpage01

言語聴覚士は、比較的新しい国家資格の専門職です。



日本の言語聴覚士の数は、世界的にみれば、まだまだ少ない方です。

ことばに関しての障害をもつ人のケアを行う職業です。話したり聞いたり、表現をすることが難しい場合に、リハビリなどでサポートします。



また、食事がうまくできない摂食に障害がある際にも支援を行います。

言語や音声や嚥下障害は、生まれつきで困っている人もいれば、加齢や事故によってもなることもあります。


これらの障害が起こるメカニズムを解明して、対処法を見つけていきます。訓練や指導、助言や援助といった幅広い支援をしているのです。


言語聴覚士になるには、専門学校や専門の大学に通い国家資格に合格する必要があります。



合格率は決して高くはなく大変なのですが、就職率が高く魅力的です。病院や施設の求人が多く、今後も需要は多くなっていくと考えられます。

仕事を行う上では、言語聴覚士の交流や、技術の向上、知識を深めることは欠かせないことです。そこで、定期的にセミナーが開かれています。
学校で学んだ知識だけでは、実際の現場で対応することが難しくなる場合があるのです。
セミナーを通して技術と知識を習得していけば、教科書通りの訓練等では得られなかった手応えを感じられるようになることもあります。

また、セミナーの参加者と交流することによって、新しい視点からアプローチする機会を得ることもできます。

このようなセミナーは全国各地で開催されています。